飲食店の皆さまから多くの問い合わせを頂いております。

お好み焼き店や焼肉店より、「鉄板やのにアクリル板はどうしたら良いの?」とか、

「アクリル板もCO2センサーも品切れやねんけど、買えるまで店閉めなアカンかな?」

「マスク着用でお客さんとトラブったらどうしよう」

「見回りで指摘されたら協力金はもらえないのか?」等々。

具体的なルール等の説明がないまま、飲食店への要請内容のみを発表した府の姿勢・対応について危機管理室にクレームを入れ、速やかに具体的な内容を飲食店に対して情報発信するよう質しておきました。

以下、私からの指摘を受けて危機管理室が作成した飲食店向け資料です。

追記①:「アクリル板等の設置(又は座席の間隔の確保)」←「又は座席の間隔の確保」と入っているのがポイントです。つまりどちらかを対策しておくことという意味です。

追記②:アクリル板の高さ→「座った状態で床から1.4m程度以上」というのはあくまでも目安とのことです。

追記③: アクリル板もCO2センサーも自腹で揃えなさいという府に対して、府で補助すべきだと会派より吉村知事に要望しています。