コロナ感染拡大の中、介護現場の第一線で働く皆さんの声を届けるために、日本介護クラフトユニオン竹中近畿総支部長と共に大阪府への要望書を提出しました。

介護従事者は、感染リスクの恐怖と闘いながら高齢者の生命を守る現場で日々懸命に頑張って頂いてます。

医療現場に引き続き、介護従事者へのマスクや消毒液の手当てのお願いと、子どもを保育所が預かってくれなければ働けない現況等をお伝えし、松本福祉部長に要望書をお受け取り頂きました。

要望内容についての意見交換では、私から保育園側の立場、「保育園も安全の担保がない中での預かりは、保育士さんや園児への感染リスクがある以上厳しいのは当然であり、府として何ができるか」という話をしました。

しかし、事業継続が求められている業界、特に医療・介護は女性就業者が多く、子供を預けないと働けない方々が多数おられるのも現実です。

真に必要な方が保育園に子供を預けることができ、保育園も安全に預かることができる、その環境づくりをどうサポートするか。

引き続き現場の状況を府にしっかり伝え、スピード感をもった提案をして参ります。