府議会が続いておりますが、元気に活動しております!

本日は教育常任委員会が開催され、質問を行ないました。

主な内容は以下の通りです。
  

①「府立支援学校への備蓄品配備の進捗確認」 

6月議会の一般質問で府に要請した件で、全校に最低限の備蓄品配備が完了しました。

今後3年を目処に、順次、全校に3日分の備蓄品配備がなされて参ります。

②「不登校・中退の課題」

大阪の不登校率・中退率は全国平均を上回り、特に高校の不登校率は全国平均の約2倍(1000人あたり31.3人)という異常数値で推移しています。

この原因に対する私の仮説を申し上げ、貧困問題との関連性もみられることから、福祉部など他部局とも連携し、府をあげて取り組むよう要望・提案しました。

③「低学力の課題」

全国学力テストの結果が公表され、大阪の平均正答率は全国ワースト2(最下位は沖縄)でした。

大阪では長年、低学力・低体力の傾向が続いており、教育長の所見と今後の取り組みを確認しました。

④「眠育(みんいく)について」

堺市の三原台中学校で取り組まれている睡眠教育の略語で、欠席の減少や学力・体力向上につながる効果が確認されています。

医師との連携で、睡眠不足が体に与える悪影響を医学的に説明し、十分な睡眠をとるよう生徒達に指導しており、文科省も研究をスタート。府での取り組みを提案いたしました。
   
 
詳しくは、大阪府議会ホームページで動画配信されていますのでご覧ください。「議会インターネット中継⇨発言者名⇨冨田忠泰」で視聴できます。

だいぶ涼しくなり、肌寒い日も増えてきました。

皆さまくれぐれも体調管理には気をつけて頂き、食欲・芸術・文化の秋を楽しんでください!