朝一の飛行機で、東日本大震災の被災地(岩手県)に来ました。    大阪府が行なっている陸前高田・大船渡・釜石・大槌での復興支援の状況視察と、府庁より派遣され復興支援にご尽力頂いている職員さんからの説明聴取のためです。 ボランティアで訪れて以来約5年ぶりの訪問。    震災後の宮古市では、被災家屋のがれき除去や側溝整備、避難所のお風呂・トイレ掃除等、できることは何でもお手伝いさせて頂きました。 全てを失い心を閉ざされていた被災家屋のご主人が、ボランティア最終日に「ありがとう。これしかないけど食べて。」とアイスクリームを振る舞って下さり、涙ながらに頂いたことを思い出します。 震災からもうすぐ丸5年。 復興の進捗をこの目でしっかり確認し、防災対策や復興の諸課題について学んできたいと思います。